ご要望別治療法
「世界標準価格」で提供できる理由 ご要望別治療法 口腔内の状態別治療法 当センターの安心・安全管理システム 当センターの精密インプラント治療

「治療期間を短くしたい」「歯茎を切開したくない」場合の治療法

従来のインプラント処置では、インプラント体(フィクスチャー)を埋入してから人工歯が取り付けられるまでの治療期間は約6ヶ月~1年程度かかりますので、「すぐに噛めるようになりたい」というご要望をお持ちの患者様にとっては非常に大きな負担を強いるものでした。

また、インプラント処置は外科手術を伴う関係で歯茎を切開しますので、術後に痛みを感じる方も少なからずいらっしゃいます。

精密審美インプラントセンターでは、「治療期間を短くしたい」、「歯茎を切開したくない」という患者様のために「抜歯即時埋入インプラント」、「即時荷重(加重)インプラント」などの術式を採用しています。 これらの治療法は、骨の状態によって適応できるかどうか判断が異なりますので、担当医までお気軽にご相談下さい。

抜歯と同時にインプラントを埋入する「抜歯即時埋入インプラント」

対処法
1
身体的負担が少なく、治療期間を約半分に短縮させる「抜歯即時埋入インプラント」

fullPhoto

抜歯即時埋入インプラントとは、抜歯と同時にインプラントを埋入する術式のことを指します。従来のインプラント治療の場合、抜歯が必要と判断された歯を抜歯後、傷口が治り、骨が安定するのを待ってからインプラントを埋入するのが通常です。この方法の欠点としては「治療期間が長期間になる」、「骨がやせてしまう」というものですが、これらの欠点を解決し、患者様の負担を軽減したのが抜歯即時埋入インプラントです。

抜歯直後は、身体の治癒が早いため傷口が治り易く、抜歯した箇所の骨の回復も早いので、抜歯即時埋入インプラント行うことで治療期間を非常に短縮化することが可能です。また、従来のインプラント治療とは異なり歯肉を切開しませんので、身体への負担はかなり軽減されるというのがこの術式の恩恵と言えます。

この術式にはメリットだけでなく、リスクを伴う可能性もあるため、精密審美インプラントセンターでは、理想的な条件が揃っている症例の場合のみ、抜歯即時埋入インプラントを推奨しております。ご自身に適応可能かは担当医までご相談下さい。

抜歯即時埋入インプラント治療を行った症例

抜歯即時埋入インプラント治療を行った症例
抜歯

Step1抜歯

虫歯にため上顎の奥歯を抜歯予定。 上顎洞(サイナス)までの骨の高さが足りないので、抜歯と同時に上顎洞挙上術(サイナスリフト)を行い、即座にインプラント埋入予定。

抜歯をして、残っていた歯根を取り除きました。
サイナスリフト

Step2精密ソケットリフト法

マイクロスコープを使った精密インプラント治療により、抜歯後、わずかな穴を開け、骨移植材を移植します。歯茎の切開もないため、術後の腫れや痛みもほとんどありません。
インプラント埋入

Step3インプラント埋入

インプラントが埋入されました。同時に手前には少しの切開を加えてインプラントを埋入しました。わずかな切開でインプラントが埋入されているのが確認されます。

オペ後、患者さんはほとんど痛みや腫れもなかったようで、非常に喜んでいただけました。
セラミック(上部構造)

Step4セラミック(上部構造)

4ヶ月後、土台を立ててセラミックが装着されました。セラミックが装着されました。
通常では約2年かかる治療が、6ヶ月という短期間で済みました。

痛みや腫れもなく、短期間で治療が終わり、患者様は非常に満足されておりました。

抜歯即時埋入インプラント治療を行った症例2

抜歯即時埋入インプラント治療を行った症例2"
治療前

Step1治療前

抜歯即時埋入インプラント

Step2抜歯即時埋入インプラント

ジルコニアアバットメントの装着

Step3ジルコニアアバットメントの装着

治療終了

Step4治療終了

1回の治療で仮歯まで装着する「即時荷重(加重)インプラント」

対処法
2
処置したその日から噛め、食事を楽しめる「即時荷重(加重)インプラント」

fullPhoto

抜歯即時埋入インプラントがインプラント体の埋入で終わるのに対し、一度のインプラント処置で仮歯の装着まで行うことをゴールとした術式が「即時荷重(加重)インプラント」です。この術式の登場により、患者様は手術当日にしっかりと噛むことができ、仮歯とはいえ審美性を回復することが可能となりました。

抜歯即時埋入インプラントと同様に、患者様の骨質の状態などにより適応かどうか異なりますので、詳しくは担当医までご相談下さい。

即時荷重(加重)インプラント治療を行った症例

即時荷重(加重)インプラント治療を行った症例
治療計画

Step1治療計画

この患者様の主訴は、上あごの前歯に歯を入れて欲しいというもので、大学病院に行ったが、すぐにインプラントはできないと言われたそうです。

左上前歯は、歯根破折のため抜歯後即時インプラントを行う予定。右上前歯部には無切開にてインプラント予定。直ちに土台を立てて、仮歯予定。
右上奥歯はGBR(骨移植)と同時にインプラント予定。
抜歯後、インプラント埋入

Step2抜歯後、インプラント埋入

左上前歯を抜歯後、直ちにインプラント埋入し、その上から土台を装着。 右上前歯は、歯茎を切開せずにそのままインプラントを埋入。その上から土台を装着しました。

インプラント埋入後、直ちに土台を立てて、仮歯が装着されました。抜歯後、直ちにインプラントを埋入したので、治療期間も大幅に短縮され、無切開にてインプラント処置を行ったため、腫れや痛みもほとんどありませんでした。

患者様は非常に満足されました。
セラミック装着

Step3セラミック装着

これまで仮歯であったため、さらなる審美性を回復するためにセラミックを装着しました。

料金システム

料金システム

精密審美インプラントセンターにおける料金システムをご紹介しております。
当センターでのインプラント処置を検討されている方は、料金表をご覧ください。

精密審美歯科センター 東京駅前しらゆり歯科 銀座しらゆり歯科 六本木河野歯科 横浜桜木町歯科
Copyright (C) Seimitsu Shinbi Shika Center All Rights Reserved.