当センターのインプラント治療

Menu

「世界標準価格」で提供できる理由 ご要望別治療法 口腔内の状態別治療法 当センターの安心・安全管理システム 当センターの精密インプラント治療

骨再生治療(GBR、ソケットリフト)

骨造成とは?

骨造成とは?
fullPhoto

インプラント処置を行う際は、骨がどのような状態かを見極めることが 必要です。それは、骨量・骨幅・骨質が十分でなければインプラント処置を行えないからです。インプラント処置を行うために骨を増やす治療の総称を「骨造成」と言い、GBR や精密ソケットリフト法などがあります。

まずGBRですが、この治療法は、骨を回復したい場所を「メンブレン」という特殊な膜で覆い、メンブレンによって確保されたスペースに粉砕した自家骨や人工骨を盛ることで、骨を再生させていく治療法です。これにより、約半年後には細かく砕いた骨が自分の骨に置き換わります。

fullPhoto

次に精密ソケットリフト法についてご説明いたしますが、まず「上顎洞(サイナス)」について解説いたします。 上顎洞(サイナス)とは、上顎奥歯(臼歯部)の上にある空洞のことです。この空洞は口腔内と鼻に繋がっていますので、これを突き破ってしまうと「上顎洞炎(蓄膿)」を引き起こしてしまうため、十分な注意を払わなければなりません。

精密ソケットリフト法は、この上顎洞(サイナス)を覆っているシュナイダー膜を傷つけないように持ち上げ、 そこに骨を増やしてインプラントを同時に埋め込む方法です。

fullPhoto

通常であれば、精密ソケットリフト法は骨が5mm以上の場合に適応され、骨が5mm未満の場合はサイナスリフトを行うのが一般的ですが、当センターでは骨が1mm程度しか残っていない症例の場合であっても、サイナスリフトではなく精密ソケットリフト法で対応することがほとんどです。

これを行える歯科医院は世界的にも稀少で、当センターが世界に誇る独自の治療技術によって可能となりました。

外科的侵襲の低いインプラント処置をご希望の方は、お気軽にご相談下さい。

抜歯即時埋入インプラント治療を行った症例

精密ソケットリフト法を行った症例
治療計画

Step1治療計画

この患者様の主訴は上あごの前歯に歯を入れて欲しいというもので、大学病院に行ったがすぐにインプラントはできないと言われたそうです。

左上前歯は歯根破折のため抜歯後即時インプラントを行う予定。 右上前歯部には無切開にてインプラント予定。直ちに土台を立てて仮歯予定。
右上奥歯は、GBR(骨移植)と同時にインプラント予定。
ソケットリフト、インプラント埋入
上顎洞底骨までの距離が1~2mmであり、ほとんど骨がない症例。

Step2精密ソケットリフト法、インプラント埋込


この患者様は、他院で顎の骨を移植して大掛りな手術が必要と診断され、怖くなって当センターを受診されました。

歯槽頂アプローチにより、精密ソケットリフト法と同時にインプラント埋入予定。

セラミック装着

Step1セラミック装着

セラミックのクラウンが装着されました。

治療期間も約6ヶ月と、従来より大幅に短縮され、患者様にも大変喜んでいただけました。

「無料」インプラント個別相談へのご案内

「無料」インプラント個別相談へのご案内

精密審美インプラントセンターでは、インプラント治療に関しての疑問・不安・質問などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いません。私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

無料メール相談

料金システム

料金システム

精密審美インプラントセンターにおける料金システムをご紹介しております。
当センターでのインプラント処置を検討されている方は、料金表をご覧ください。

精密審美歯科センター 東京駅前しらゆり歯科 銀座しらゆり歯科 六本木河野歯科 横浜桜木町歯科
Copyright (C) Seimitsu Shinbi Shika Center All Rights Reserved.