Q)静脈内鎮静法とは何ですか?

A)インプラント手術を受けられる患者様の一番気になるポイントが「手術時の痛み」です。当院では、手術時の麻酔として、痛みの無い治療を受けていただけるよう、静脈内鎮静法を導入しています。静脈内鎮静法は、腕に点滴を採り、そこから薬を入れて 精神を鎮静させる麻酔法で、麻酔専門医が行いますので、手術の安全・確実性が高まります。

薬は一般的なマイナー・トランキライザー(睡眠薬の1種)を使用します。薬を入れて1~2分すると非常にリラックスした気分になり、痛みや緊張を感じないまま手術を終える事が出来ます。手術が終わって10分~15分経てば帰っていただけますのでご安心ください。尚、手術後はお車の運転はできませんので、ご来院時は電車かタクシーでお越し下さい。

カテゴリー: インプラント治療について   パーマリンク