骨が不足している下の奥歯のインプラント治療


1)レントゲン写真(下の奥歯が歯根破折)
レントゲン写真(下の奥歯が歯根破折)

2)抜歯(骨の吸収像がみられる)
抜歯(骨の吸収像がみられる)

3)インプラント埋入(骨が不足しているためにインプラントが露出)
インプラント埋入(骨が不足しているためにインプラントが露出)

4)自家骨移植(骨が不足しているため)
自家骨移植(骨が不足しているため)

5)インプラント埋入直後(インプラントと骨の間に隙間がある)
インプラント埋入直後(インプラントと骨の間に隙間がある)

6)インプラント埋入3ヶ月後(インプラントのまわりの骨が再生)
インプラント埋入3ヶ月後(インプラントのまわりの骨が再生)

7)インプラントの上部にセラミックが装着
インプラントの上部にセラミックが装着

インプラントの上部にセラミックが装着

カテゴリー: インプラント治療症例   パーマリンク